貴方の経営を充実させる情報サポートサイト

原価率って何か知ってる?

「原価率」入門~「原価率」の概要と計算方法

営業利益は、売上から原価と変動費、固定費を引いたものであることからもお分かりのことと思いますが、いかに原価・変動費・固定費といった諸費用を抑制する事が営業利益増、ひいては黒字経営につながります。

諸費用の中でも、原価は変動費や固定費と比べて調整が容易であることから、経費の削減を図る上では原価を抑制して、営業利益を占める「原価率」の割合を下げることが重要となりますが、原価は必要経費の一部であり、商品やサービスの質を確保する上でも不可欠なファクターであるため、単純に原価を下げて「原価率」を抑制したところで、商品やサービスの質が低下してしまっては本末転倒となるなど、飲食店経営の成否に多分に影響を及ぼすため、安易に削減することは避けなければなりません。

そのため、経営状況を把握する意味でも、最低限、価格の設定時や原価が変動した場合は「原価率」を確認することを強くお勧めいたしますし、より綿密に売り上げ状況を知りたいのであれば、一月毎の純粋益の見込みにおける「原価率」を確認することで、割高な食材等を発見したり、一週間毎の廃棄商品の量を割り出したりといったような形でも、「原価率」は利用可能です。

ここまで述べたように、「原価率」は飲食店を経営するのであれば是非とも押さえておきたい重要な要素となりますので、飲食店経営者の方はもちろん、経営を志す方は、算出方法や利用方法も含めて、是非、留意しておくべきでしょう。

飲食店経営における「原価率」の重要性

飲食店経営において大きなウェイトを占める「原価率」は、経営を行うにあたって、是非、知っておくべき基本情報の一つです。 「原価率」に関する基本的な事柄をしっかりと押さえて、貴方の経営を支える確かな骨子を増やすことは、より安定した経営にもつながります。

経営の基礎となる価格と「原価率」の関係

経営において価格と「原価率」は、非常に密接なつながりを持つ極めて重要性が高いファクターであり、経営状態の的確な把握や適正な価格を設定するために役立ちます。 価格と「原価率」の関係をしっかり理解しておくことで、経営の基礎固めや、経営そのものに対する見聞を深めることができるでしょう。

「原価率」の設定と適正な「原価率」

飲食店の経営に限らず、基本的な経営において「原価率」は販売価格を決定するための重要な要素の一つとなります。 「原価率」の設定に関する情報を集めることで、適正な「原価率」を設定可能となれば、より適切な経営判断を下すことが可能となり、貴方の経営が成功する可能性が高まるはずです。